So-net無料ブログ作成

お座り一発 攻略 ~4 海物語シリーズ編(ボックス攻略) [お座り一発のための基本攻略]

お座り一発 攻略 ~4 海物語シリーズ編(ボックス攻略)


前回、台の末尾番号を見て、次に当たる台を予想して打つという方法についてお話しました。


とはいえ、いつも同じ末尾番号ばかりが当選するほどパチンコは単純ではないのは、
誰もが知るところですね。


自分が当たるかなと思っていたら、自分の隣や真後ろの台が当たったという経験は、
パチンカー、スロッターならば誰もがしているはずです。


末尾での当たりというと、すこし遠い席のことなので、
いまも信じられない方が多くいるかと思いますが、


今回は、なぜか当たりが終わった台の左右や後ろで、次の当選者がでるという不思議と、
それを利用した攻略法(ボックス攻略)についてお伝えします。


スポンサードリンク



■当ブログにおける、お座り一発と少額投資の定義




・お座り一発 = その台に座って、最初の1000円以内で当たり(単発、確変)を引くこと

・少額投資 = 1000円~3000円以内に当たりを引くこと




では、さっそく狙い方から書いていきます。


■海物語 お座り一発 ボックス攻略方法




1 現在当選中(確変や時短中、シリーズによってはST)の台を確認。

2 その台の両隣、真後ろ、真後ろの両隣の5つの席のうちいずれかの空き台に陣取る。

3 その台が時短を抜けるのを狙って、1000円だけ打つ。

4 当たりがきたらお座り一発成功。時短を抜けるまで打つ。

5 外れたら残り4台の内いずれかにまた1000円投じてみる。
  ただし明らかにハマり台で当たる気がしない台は無視してよい。


時短を抜け直後や、抜けてから数分経ったくらいのタイミングで、
自分の後ろや両隣のいずれかに当たりがくることはないでしょうか?


オカルトというレベルを超えて、まるで当たるべくして当たると思えてしまうくらい、
パチンカーやスロッターの間では有名な話だと思われます。


また、自分の斜め後ろにたすき掛けのようなあたり方をするパターンもあり、
これもまた店のクセによって変わってきます。


シマが静かな時に、闇雲に当たりを狙うよりも、
台が時短を抜けるタイミングの方が、次の当選者を抽選する場面に遭遇しやすいようです。


末尾番号攻略と同様に、当選候補に自分の台が選ばれると、
魚群やウリンチャンスなど、期待度の高いスーパーリーチがかかりやすくなります。


他のタイミングで打っても静かだったのに、
周りの台の時短が抜けた時だけ露骨に台が騒がしくなるのは実に不思議ですね。


不思議と言えば不思議ですが、
やはり理由はパチンコ台もパチンコホールも機械だからこそ起こりえる現象なのだと思います。


整然と台が並んでいるホールが理想的




パチンコ台というのは、店が管理しやすいように1台ずつ必ず番号がふられています。


理想的なシマの構成として、1列10台で左角から末尾0から9まで並び、
自分が打っている台の後ろにも、やはり同じように10台きれいに並んでいることです。


大きなホールだと、一台分の台の空スペースを挟んで、
さらに向こうにもう10台同じようにならんでいます。


4と9がない台管理のお店だと、
末尾の番号が0,1、2、3、5、6,7、8の8台で配列されているホールが理想です。 


こういう風に整然と番号の頭から終わりで1列という構成で並んでいると、
今どの番号が当たっているのかを遠くからでもひと目で確認できるので攻略にはとても便利です。


■ボックス攻略は、ホールが台をグループ管理をしているのを狙う攻略




さらに、ホールは管理しやすいように、
シマの台を4台から6台で1グループとして管理していることがあるそうで、
パターンは店によって様々です。


例えば左の角から右の角に向かって、4台ずつで1つのグループとして管理されていたり、
前後2台ずつの4台で1つのグループだったりと、様々です。


後ろよりも両隣が当たりやすい印象があれば、横4台で管理されているからなのでしょうし、
後ろに当たりがきやすいなら前後2台ずつで管理されているのかもしれません。


同じホールに足繁く通っていると、このへんの嗅覚が研ぎ澄まされてきます。


■当たりが偏るのが設定差




仮に、横に4台ずつで管理されているとして、
自分の左の次は、自分の台が当たるとは限りません。
台の設定が悪ければ、自分の台を飛ばして右隣が当たったりするのが日常茶飯事です。


1、2度飛ばされた程度では判断がつきませんが、3度も飛ばされるようなら、
今自分が打っている台は不正解だと判断します。


時短を抜けて数分、1000円程度で自分の台が騒がしくならないような台は、
今日何度当たっていても、今は回収の可能性が大きいと判断して、諦めて別の台を探します。


■甘デジにも通用するボックス攻略




当たりの移動が早い、海物語の甘デジコーナーの方が時として通用しやすいかもしれません。


今当たっている台が当たりラウンドを消化したタイミング、
時短を抜けて20回転以内でのタイミングなど、


自分の後ろ、両隣のいずれかで、新しい当選者が現れるパターンが多く、


同時に、自分の台の勢いが、
新しい当選者に吸い込まれていくような感覚を持った経験を誰もがしているのではないでしょうか?


また、本当は次に自分のところに当たりがくると踏んでいたのに、
その日の台が不調だと、飛ばされて隣に当たりがきたという経験はありませんか?


通常設定の海物語以上に、設定が悪いと、何度も当選はおろか、
抽選台にすら選ばれませんので、甘デジなら尚更大金を投じるのは避けたいものです。
抽選タイミングで3度も、台に何の変化も起こらないようなら捨ててしまって結構です。


以上が海物語コーナーにおける、ボックス攻略です。


関連記事



[次項有]パチスロアプリ遊び放題!メーカー公式サイト「ユニバ王国」





スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © お座り一発の快感と罠 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。